ノラネコぐんだんそらをとぶ

ワンワンちゃんの飛行場で、飛行機かっこいいーと見ているノラネコぐんだん。ノラネコぐんだんは猫8匹の集団でした。飛行機の整備員が去った空きにぐんだんは、飛行機に乗り込みます。操縦し、空を飛びます。でも燃料が入っていない、と無線で連絡を受けます。近くの島に着陸します。島で食料を探したり、寝床を作ったりします。そこで獲れる食料もおいしい。ぐんだんは一生この島で暮らそう、という話しになります。しかし、一年経つと飽きます。帰る準備をします。ある乗り物を作り、海に落ち、そこにはワンコが…


この絵本を読むと、この世界観にハマります…。すごくいい意味で、読むと力がぬけて、プッと笑ってしまう感じでした。この表現もすごくいい意味で使うのですが、ぐんだんの抜け抜けしてるのがいいです。水彩のグラデーションがきれいです。

絵本ですが、マンガ感覚で読みました。お子さんにもいいと思いますが、大人、特に女性が好みそうな絵本ではないかな、と思います。


普通に私はファンになった訳ですね。


【予約したのは数カ月前…もはや、記憶になかった】

図書館で取り寄せた本です。2月に絵本紹介を終了して、全然取り寄せの申し込みをしなくなったので、4月の終わりにメールで入荷しました。入館お待ちしてます。というようなメールが届いた時には、システムに何かが起こり誰かと間違ってるんじゃないか?、と思いました。電話で問い合わせてみたところ、今年の1月5日くらいに取り寄せの申し込みをしていたらしいです。沢山読みたい方がいるという事ですね。忘れてたし、キャンセルしようかと思いましたが、見てみて良かったです。

絵本の旅に出よう

note→https://note.mu/taekohiiragi/magazines 今は、YouTubeに友人夫婦が飼った犬の動画を投稿してます。チャンネル名:マーガレットと馬馬の昼下がり