今日の絵本 くらやみのなかのゆめ

こんにちは。

今日は、15:05~ SHOWROOM、17Liveの配信をしました。

ご紹介した絵本は、くらやみのなかのゆめ です。

クリスという宇宙飛行士に憧れている男の子がいます。側にはパグのような犬が描かれてます。段ボールでロケットを作って、中に入って宇宙飛行士になりきったり、犬に宇宙人の触角(?)のようなものを頭に付けて追いかけっこをして遊んでいるようです。宇宙飛行士を目指している男の子には沢山やることがあって寝てる時間はありません。

父親から、そろそろ1人で寝れるようにならないとな、という様な事を言われます。自室で犬と一緒に寝ようとしますが、暗闇ではエイリアンが襲ってくる妄想をしてしまうようで怖くて寝られません。

両親にその事を話すと、クリスの部屋に異常がないか(宇宙人がいないか?)ベッドの下、タンスの中、引き出しを見てくれました。何も問題はありません。両親は、怖くなったらベルを鳴らすようにと置いてくれました。クリスはベルを鳴らし過ぎて取り上げられてしまいました。

暗闇を怖がり過ぎるクリスに父親は暗闇より更におそろしいことを言いました。

「今度お前がベットから抜け出したら、もうクタクタになって、明日隣の家には行けなくなるよ」という事を父親は言います。

この事が効いて、クリスは眠ることができました。どうしても隣の家に行きたい。

なぜかと言うとこの日は、アポロ11号の飛行士が月面に降り立つ日だったかです。その時の映像で、空は普段見ている暗闇よりももっと暗いと知りました。

それからのクリスは随分意識が変わったようです。

ぜひ絵本でお楽しみください。

作者の方は、カナダ人の宇宙飛行士です。ご自身の体験から書かれた本だったのでしょうか?小さい頃は、確かに何であんなに暗闇が苦手なのか?なんで、見たこともないおばけとかに怯えるのか不思議ですね。。今思えば。


絵本の旅に出よう

note→https://note.mu/taekohiiragi/magazines 今は、YouTubeに友人夫婦が飼った犬の動画を投稿してます。チャンネル名:マーガレットと馬馬の昼下がり