今日の絵本 あきですよ

おはようございます。

今日は、9:00~SHOWROOMの配信をしました。

ご紹介した絵本は、あきですよ です。

日本の秋を集めた絵本です。森でキノコを採っていたり、ススキがおおい茂る川辺で虫取りをしている場面だったり、木々が紅葉している森に鹿や猿。十五夜のお月見を描かれてます。秋で、温かみのある色が多いですが涼しくなっていく様も伝わってくるような青もあります。

今日で四季のえほんシリーズは、終了です。

なので、配信前に他の3冊も併せて見てみました。

共通しているのは、絵本の最初の見開きページの地球に向けて挨拶するところ。

そして、黄色いポストがどこかでそれぞれの絵本に描かれてます。

ストーリーの語り口は「こんにちは。あきですよ」とか、おはよう、〇〇ですよ、こんばんは。〇〇ですよ、という文章で進行します。


4冊の魅力は、絵のご担当者が絵本によって違うので、描き方や画材、表現方法の違いなどが楽しめます。あきですよ、は油絵ぽくて、なつですよ、は夏のワァァーというエネルギーを感じます。(私は夏が苦手なので、冬眠みたいに夏眠したいです)

普段、生活していて季節によって日差しの色とか季節ごとに風景に多い色があると思いますが、それを感じることができるのがこの四季のえほんだと思います。

見開きの絵がほとんどで、額縁に入れて飾ってもおかしくない感じの絵の多さに圧倒されました。この絵本の絵を描くのにどれくらいの時間をかけたんだろう?と思うと、なんかすごさを知ります。。


そして、SHOWROOMでは紹介しずらい絵本でした。絵を楽しむ絵本なので、SHOWROOMのように言葉で説明するところでは、え?あと、何を話せば??となりました。

今日は、4冊の紹介配信まとめ的な雰囲気で話せたので楽でした。良かった良かった。


現在は販売が終了された絵本のようです。


四季のえほん 金の星社  作 柴田晋吾

なつですよ 初版発行 2009年6月  絵 近藤薫美子 

あきですよ 初版発行 2009年8月  絵 津田真帆

ふゆですよ 初版発行 2009年10月  絵 降矢なな 

はるですよ 初版発行 2010年2月  絵 広野多珂子


絵本の旅に出よう

noteマガジン数個→https://note.mu/taekohiiragi/magazines 今は、YouTubeに友人夫婦が飼った犬の動画を投稿してます。チャンネル名:マーガレットと馬馬の昼下がり