今日の絵本 あまがえるりょこうしゃ

こんばんは。

今日は、16:30~SHOWROOMの配信をしました。

ご紹介した絵本は、あまがえるりょこうしゃ です。

アマガエルが営むあまがえるりょこうしゃ。人間のペットボトルであまがえるが作った乗り物で、トンボ池を探検します。お客は、カタツムリ、ダンゴムシ2匹、てんとう虫。地上の虫ですが、ペットボトルの乗り物に乗るので普段見れない水中の世界を探索できるのです。

子どもを背中で育てるコオイムシのオスや、目が四つあるミズスマシ。トノサマガエルが虫たちに食べられているところに遭遇したりします。

トンボのギンヤンマの幼虫(ヤゴ)、て水中にいて小魚食べるんですね。トンボ、魚、、この絵本を読むまで、この2つの生き物の食物連鎖を知りませんでした。トノサマガエルの関しても知らなかったんですけど。

最後は、参加者、大満足。人間も登場します。

タイトルから、ほんわかしたファンタジーぽいお話しかな?と思って気軽に借りたのですが、情報量が多い絵本で驚きました。知らないことが、多くておもしろかったです。

虫が苦手な人はおすすめしません。

コオイムシを見た時、こういうの見たことある、と思ったのですがSHOWROOMの配信直前に思い出しました。カエルを描こうと以前、ネットで検索したらカエルの背中に沢山カエルの顔がついてる画像があって、うわぁ、合成やめてくれ、と思ったのですが調べたら背中で卵を孵化させるカエルがいるようです。それを思い出しました。


この絵本は、今、絵本を描いていてカエルを描く予定で、カエルの絵本を読んでみようと思いました。検索したら絵本ナビさんのサイトが表示され、いくつかのカエルの絵本があり、タイトルでおもしろそうだな、と思い控え図書館で検索したらあったので借りました。


普通にこの絵本欲しい、です。こんなにいい本あるんだ、と思いました。


もっと、早い時間帯に配信しようと思います。


絵本の旅に出よう

note→https://note.mu/taekohiiragi/magazines 今は、YouTubeに友人夫婦が飼った犬の動画を投稿してます。チャンネル名:マーガレットと馬馬の昼下がり