今日の絵本2  きつね、きつね、きつねがとおる 絵本を私、主観でまとめてみよう

こんにちは。

今日、SHOWROOMでご紹介した絵本の2冊目です。1冊目と一緒の配信でご紹介しました。

表紙を見ると狐の嫁入り、の話しなのかと思いましたが違いました。

狐の嫁入り、て何だっけ?と思ってますが。。

家族がいて、お父さん、お母さん、娘、息子。娘は子どもだから自分は背が低く、結婚式や大道芸が見えない。大人になりたい、と思います。

ある日、火の玉みたいのが見えて、両親にあれ、何だろう?と質問します。

両親は川に家々の明かりが反射してるのよ、と言いますが、娘の横を狐の嫁入りの行列が歩いて行きます。大道芸をしている狐達もいます。両親には見えず、弟は怖がっています。

娘は大人に見えない楽しいものが見れるなら、、

ぜひ、絵本でお楽しみください。

狂いのないキレイな漫画ぽい絵だな、と思ったら画家の方でした。

なんで、あんな風に書けるんだろう。絵が好きな方にぜひ、おすすめしたい絵本です。

作、絵、お二方ともご活躍されている方のようで、他にも手掛けられている絵本を読んでみたくなりました。

岡本順さんの絵本ナビサイトの自己プロフィール欄の画像のイラストが、気になります。

何だろう?カエル?こういう絵は、結構好きです。


絵本を私、主観でまとめてみよう

結構、絵本紹介してるよね?と自分的には満足しているのでその内、A4の紙にでも何か絵本の紹介系をまとめてみようと思いました。

、、、数カ月後です。

その時、気力があれば。一年経っても着手していなかったら忘れてください。


取りあえず、今日は19時に寝ようと思います。

今の課題は、猿を描くこと。おさるのジョージを描かれたご夫婦は天才ですよ。。

猿、かわいい子ザルが描けない。



おやすみなさい。


絵本の旅に出よう

noteマガジン数個→https://note.mu/taekohiiragi/magazines 今は、YouTubeに友人夫婦が飼った犬の動画を投稿してます。チャンネル名:マーガレットと馬馬の昼下がり