今日の絵本 ババールとサンタクロース 絵本教室に通う人には2パターンある

こんばんは。

今日は18:35~SHOWROOMの配信をしました。

ご紹介した絵本は、ババールとサンタクロース です。

最近、SHOWROOMの配信前に絵本を理解するために構成を少し紙に書いて整理したり、オススメしたい箇所を書いているのですが、今回はそれをしませんでした。

表紙のババールは飛んでいる。タイトル通り、クリスマスの時期の絵本です。

ババールの子ども達は、人間の世界ではサンタクロースという存在がいることを知ります。

自分達、象の国にも来てほしいと思いサンタクロース宛てに手紙を書きます。しかし、何日経っても返事が返ってきません。塞ぎ込んでいる子ども達の様子を見てババールはサンタクロースを探しに行きます。

ヨーロッパに着きました。(どういう経緯でヨーロッパなのかは書いてません。)

ホテルでは、ねずみや鳥がサンタクロースを見たと教えてくれますが、それは置物だったりします。古本屋でサンタクロースについて書いてある本を見つけたり、サンタクロースで貰ったであろう人形等から手がかりを掴み、いつも間にかサンタクロース探しに犬も加わります。

さあ、ババールはサンタクロースと見つけることができるでしょうか?ぜひ、絵本でお楽しみください。

文字が多くて、登場する動物、人間も多いです。その度に展開がある訳で、賑やかな絵本でした。文字がスラスラ読めるお子さんにおすすめです。読み聞かせでも、次から次へと何かしら登場するのでお母さんが解説してくれればお子さんはより楽しめるかもしれません。

途中で、タンタンぽい人がでてくるんですが、気のせいでしょうか…?

ババールのひっこしは正直あまり好きじゃないな、と思っていたのですが、最初この登場する生き物の多さと矢継ぎ早な出来事に戸惑いましたが、おもしろかったです。

どなたかが真冬から、真逆の…へ。絵がかわいかったです。

note

今日は絵本教室でした。先生に話し、3月で絵本教室に通うのをやめることにしました。

絵本を出版したいという気持ちがなくなり、素晴らしい絵本を見るとその絵本と私が今描ける絵本の距離がかなり遠いな、という実感があります。それは、絵本教室に通えば近づくものではなく練習と追求あるのみ、だな、、、と思ったのでやめることにしました。

SHOWROOMで絵本の紹介を始めて自認できたのですが、何となく教室に通っているだけで満足して甘えてた、ということに気づいたんですね~~~。


先生のお話しを聞いていると、絵本教室に通う人には2パターンあるようです。

・全くのド素人(これが私でした)

・独学で描いて書いて、これ以上描けない。出版社に持ち込んでも返されて終わりで、自分の改善点がわからないことに悩んでいる方。作りたい絵本のイメージが出来上がってる方。


絵と作と編集、1人でできるようになりたいです。人と何かするのがあまり得意じゃない、というか人の言う事聞くのが精神的に苦手というか辛くなってその内爆発するので、自分で完結できるようになりたいですね。。


この先、いつか行き詰ったらまた門を叩くかもしれません。

そこまで辿り着けるか?、どうかですが、、

【SHOWROOM 不定期配信中】※視聴無料

~絵本の旅に出よう ひいらぎたえこ~

絵本を一冊ご紹介と、雑談を一つして大体30分くらいの配信です。

※過去にご紹介した絵本も再紹介してます。

最近は午前中に一回、配信してます。配信の30分くらい前にツイッターで告知します。

https://twitter.com/taekohiiragi

絵本の旅に出よう

note→https://note.mu/taekohiiragi/magazines 今は、YouTubeに友人夫婦が飼った犬の動画を投稿してます。チャンネル名:マーガレットと馬馬の昼下がり