今日の絵本 おだんごスープ 手紙NO.1を書きました

こんにちは。

今日は、8:30~SHOWROOMの配信をしました。

ご紹介した絵本は、おだんごスープ です。

おばあさんが亡くなり、無気力になってしまったおじいさんがいました。

おばあさんが編み物をしていた時に座っていたであろうソファは、恐らくおばあさんが使っていた時のままになってます。

ある日、おじいさんはおばあさんが作っていた だんごスープを思い出し、もう一度飲みたいな、と思います。

その思いから、喪失感でいっぱいだったおじいさんは、おばあさんが作ってくれただんごスープを再現してまた同じ味のだんごスープを飲みたい一心で動き始めます。

台所には鍋が5つ。おばあさんが口ずさんでいたレシピの歌を思い出しながら作り始めます。

ただ、その歌はうろ覚えなんです。

おだんごスープを作ってみたところ、なんとネズミがやって来ました。ネズミにスープを分けてあげたら自分の分が減り、更にこれはおばあさんのスープとは味が違う、と。忘れていた部分の歌を思い出します。材料が一つ加わります。今度はネズミと、猫がやって来ました。え、ネズミと猫…?

ここまでが前半部分くらいだと思います。まだまだ続きます。

ここからは絵本でお楽しみください。

この絵本は、おもしろかったです。というか、素晴らしかったです。

肉が苦手なので、肉団子、紹介できるかな…?と思って図書館から借りました。

(図書館では、内容を読んでません)


構成は、リズムが感じられて規則性がありました。いくつもありました。

話が佳境に入ると、その規則性のようなものを壊し、登場人物も増え盛り上がっていきます。


まるで、映画みたいでした。


絵は、おじいさんの内面的な悲しみ、喪失感、暗さから、忙しい、楽しい、気持ちが癒されていくのが上手く表現されていて構成も絵もすごいな、と思いました。

昨日、ブログに書いた鮫ヶ浦水曜日郵便局宛てに手紙を書きました。

12/6(水)に友人宅で鍋をした時の事を、12/7(木)に手紙にしたため、今日12/8(金)にポストへ投函しました。どういう方の元に届くのだろう?私の元には、どういう方から手紙が届くのだろう?私が書いた誰宛てでもない手紙は、本当に見ず知らずのどなたかの元に届くのだろうか?


鮫ヶ浦水曜日郵便局の事は、小学校からの唯一の友人が1人いるのですが、彼女から教えてもらいました。二児の母で、今は地元の札幌から離れご主人の仕事の都合で仙台で暮らしています。その友人も、手紙を書くみたいです。もしかしたら、私が書いた手紙が彼女の元に届くかもしれません。届いたら、このブログのこともSHOWROOMで毎日のように配信していることもバレてしまいます。

バレたら、何やってんの?ウケんだけど、と笑う友人が思い浮かべられて今、私はほく笑んでます。


来年の春、絵本教室をやめようと思ってます。

【SHOWROOM 不定期配信中】※視聴無料

~絵本の旅に出よう ひいらぎたえこ~

絵本を一冊ご紹介と、雑談を一つして大体30分くらいの配信です。

※過去にご紹介した絵本も再紹介してます。

最近は午前中に一回、配信してます。配信の30分くらい前にツイッターで告知します。

https://twitter.com/taekohiiragi


絵本の旅に出よう

note→https://note.mu/taekohiiragi/magazines 今は、YouTubeに友人夫婦が飼った犬の動画を投稿してます。チャンネル名:マーガレットと馬馬の昼下がり