今日の絵本 あめのひ

こんにちは。

今日は、12:30~SHOWROOMの配信をしました。

楽天ブックスから荷物が届くかも、と思い午後にしましたが13時半の現在、まだ届いていないので楽天ブックスに注文した時は気にする必要ないかもしれないです。

ご紹介した絵本は、あめのひ です。

雨の日、孫は外で遊びたがりますが、おじいさんは家に居なさい、と。

孫は、雨の日の遊び方や、窓際で本を読んで、舟にのってかいじゅうと…とか妄想します。

おじいさんには手紙が届き、またそれからおじいさんは手紙を書くのに取り掛かります。

手紙をポストに投函しようと、孫とおじいさんは準備します。

その時、外は…絵本でお楽しみください。

雨がアスファルトに降り注ぎ、その時、アスファルトに落ちる雫の波紋の描き方が上手いな、と思って見てました。アスファルトに雨が溜まると、反射して湖の様に地上にあるものが映ると思うのですが、それの描き方が素敵だな、と思いました。

この絵本を見て、以前、雑誌で見たウユニ塩湖の写真を思い出しました。


途中まで、室内→外→室内→外という順番で、見開きの絵が続くのですが、途中からそのパターンが終わり違う世界の設定になるようです。


おじいさんの手紙は外に行く用事をつくる為に描かれたんだろうか?


読んで、難しい絵本だと思いました。私の今の頭では、この絵本の設定が理解できないんですよね。妄想なの?それとも別世界に行ったの?手紙が別世界に行くための何か、なの?あの別世界は孫が思い描いた世界なの?もしかして孫の願望で、夢的なものなの?


でも、最後のシーンは普通の室内。

わかりませんでした。


答えは?作者さんや編集者さんの解説があればな、と思いました。


私はよくわからず、モヤモヤして、まだ何かカギとなるものが見つけられていないだけかもしれません。

皆さんだったら、見つけられるかもしれません。

映画館で観た 探偵はBarにいる3 noteに投稿しました。

絵本の旅に出よう

note→https://note.mu/taekohiiragi/magazines 今は、YouTubeに友人夫婦が飼った犬の動画を投稿してます。チャンネル名:マーガレットと馬馬の昼下がり