癒しのワンコが旅立った A healing dog

こんばんは。

先日、実家で飼っていた犬が亡くなり、セラピー犬だったな。。と思っていたのですが、セラピー犬とは?とネットで検索してみたら私が思っていた感じと違いました。

The other day my dog kept in my parents' house died, it was a therapy dog. . I thought, What is a therapy dog? I tried searching on the net and it was different from what I thought.

なので、セラピー犬ではなく、ヒーリングドッグ モコ(ヒーリングドッグ…??笑)について書きます。

So write about healing dog Moko (healing dog ...? ) instead of a therapy dog.

初めて会ったのは、私が帰省した時。モコが2才か3才の時でした。

The first time I met was when I returned home. It was when Moko was 2 or 3 years old.

ぬいぐるみが歩いてる、と思いました。かわいくて見ているのが楽しかったです。

I thought that a stuffed doll was walking. It was cute and I enjoyed watching it.

確かにピンクの服を着ていたのですが、絵のような感じではなく、パツパツの服を母親に着せられてました。ボンレスハムみたいになってました。その時、笑ってしまって、ショックを受けてました。この時、犬はとても感情が豊かな動物だと気づきました。ごめんね、笑ってしまって。

It certainly was wearing pink clothes, but it was not like a picture, but a mother dressed her clothes. It was like Bonelessham. At that time, he was laughing and was shocked. At this time, I noticed that dogs are very emotional animals. Sorry, laughing.

小さい頃から食いしん坊だった。

I was gluttonous since I was little.


優しい犬でした。

It was a kind dog.

絵のモデルは妹です。

The picture model is my sister.

家族が病気になると、とても心配して、そっと寄り添ってくれる犬でした。

When my family became sick, I was very worried and gently snuggled dog.

母がガンになって落ち込んでいる時も、側にいて励ましてました。

Even when my mother became cancer and depressed, I was encouraged by her side. 

入院、退院を繰り返してましたが、いつも部屋の様子を見に来るのがモコの日課でした。

I was hospitalized and discharged repeatedly, but it was moko's daily routine to always come and see the room.

母がホスピスに入った時は、お医者さんの配慮でモコに会わせてくれました。この時の母はとても嬉しそうな顔でモコと写真に写っていました。

When my mother entered the hospice, she let me see Moko with the consideration of the doctor. My mother at this time was reflected in Moko with a face that looked very happy.


(この時、既に二匹目の犬を飼ってました。メロは、よく吠えるので会わすことができませんでした。)

At this time, I already had a second dog. Mero was barking often, so I could not meet her.

描き切れないくらい家族を支えた犬でした。

It was a dog that supported my family as hard as I could.

実家のナース犬。

My family's nurse dog.


亡くなった翌日。

The day after dying.

東京も札幌も青空だった11月7日、火葬されました。

Tokyo and Sapporo were cremated on November 7 when it was blue sky.


仕事を辞めて、来年の夏はモコと一緒に過ごせるな、と思っていましたが時すでに遅しでした。

I quit my job and thought that next summer I can not spend it with Moko, but it was already late.




12才、クッシング病でした。人間で言うと60代半ば。

その内、クッシング病について描けたらいいな、と思います。


お疲れさまでした。 ナース犬、癒し犬。

絵本の旅に出よう

noteマガジン数個→https://note.mu/taekohiiragi/magazines 今は、YouTubeに友人夫婦が飼った犬の動画を投稿してます。チャンネル名:マーガレットと馬馬の昼下がり